バストが垂れる過程

バストコンサルタントの水戸部です。

前回、バストの種類4タイプについて書いて、
自分の現在のバストの状態を知って、今後の乳ケアに役立てようということをお伝えしました。

今回は、バストの垂れる過程について書いていきます。

4種類のバストの形を知っている方がわかりやすいので、まだ前回の記事「あなたのバストはどのタイプ?」をまだ見ていない人は軽く目を通してからこの記事を読むことをお勧めします。

 

バストが垂れるメカニズム

①加齢や日々の生活による皮膚への負担によりバスト上部は伸び、たるみ、脂肪がなくなってしまいます。

すると、徐々に三角型バストの形となっていきます。

こうなると、バスト全体をバスト下部の高さのみで支えなくてはいけなくなります。

②すると、バストの重みに耐え切れなくなったバストの高さは徐々につぶれていき、最後には完全にバストの高さを失ってしまいます。

すると、下垂型バストの形となります。

そしてそれを放置すると、さらにバストは垂れ、たるみ、乾燥してスルメやヘチマのようなバストへとなってしまうのです。

 

↓つまり、こうして分かるのはバストのタイプはバストが垂れる順番となっていたのです。
バストの垂れる過程
1、皿形:バストのふくらみが小さい状態。
   

2、お椀型:バストが徐々に膨らんでくる

3、三角型:バスト上部に厚みやハリがなくなってくる

4、下垂型:バスト上部は伸びきり、下部の高さが失われる

 

例外もある

皿形バストの人で多いのが、日々ブラジャーをつけないパターン。

すると、バストが下垂するというよりも、バスト全体の位置がそのまま下がってしまいます。

下がってしまった位置でバストを胸部から剥がしながらバストを上に持ち上げるようなケアをする必要が出てくるので通常よりもケアが大変です。

 

こうなるとやはり、美乳になるのもバストアップにも時間がかかってしまいますから、バストの大きさに関係なくしっかりと普段からバストのことを考えたブラジャー選びやバストケアをしていってあげてください!

 

では、美乳になって人生をもっと楽しく!

 

LCB乳ケアsalon

▼水戸部彩のコンテンツはこちらから▼

<水戸部彩 公式LINE@>
ID:@oppaikantei
URL:https://line.me/R/ti/p/%40oppaikantei(今だけ♪登録すると、『新ブラの正しい付け方』を説明図付きでプレゼント) 

<Podcastもよろしくお願いします>

<著書:乳ケアシリーズ>


<自分のバスト診断とタイプ別ケア方法(説明画像付き)がわかる>
▶︎おっぱい鑑定はこちら
http://bust-change.com/diagnosis/

<水戸部彩の無料メルマガはこちらから>
▶︎読むだけで胸が綺麗になるバストケアメルマガhttps://maroon-ex.jp/fx73067/DNNvfF

<水戸部彩公式サイト:おっぱい鑑定団>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です