ラオスに学校を作る。

バストコンサルタントの水戸部です。

実は先日、ラオスに学校を建てるために視察に行ってまいりました。

現地に行って感じたことは、たくさんあって。

日本がいかに恵まれているか再認識しました。

こんな幸せいっぱいの日本に生まれておきながら

時代が〜、環境が〜、周りが〜、親が〜とか全く関係なくて

全部自分次第で、好き勝手に選択できる。

でも、ラオスの子供達は選択できる環境には程遠い環境にあります。

実際に現地の小学生と触れ合う機会もあったのですが、

やたら子供達が写真慣れしていたり、とても素直でいい子達だけれどその素直さの裏に一生懸命愛想を振りまいているように感じて、、、

今まで何人の人がここにきて、期待しては、何も変化は起こらず、それでもずっと何かが変わるのを純粋に待ち続けているのかなと考えたら、なんとも言えない気持ちになりました。

それと同時に、私にできることはなんでもしたい、力になりたいと思いました。

偽善者や自己満足と言われてもいい。

日本は社会貢献という習慣や考え方があまりにも無さすぎるように感じます。

アメリカでは大学試験の時、単位と同じくらいに、今まで自分がどう行った社会貢献活動をしてきたかが問われます。

だから、アメリカの若者は小さい頃から社会貢献、社会に役立つことをすることの大切さを理解しているので偽善者や胡散臭いといった考え方にはなりません。

日本はそれと全く逆のように感じます。

先進国の中でも、裕福で安全な国日本に生まれたからこそ出来ることはたくさんあると思っています。

出来る人が出来ることをしたら良い。

そんなふうに考えました。

なのでこれからは国を超えて世の中のためになれる人間になりたいと思います!!

 

実際にラオスに現地視察に行った際の動画もあるので、よかったら見て見てください^^
《ロードムービー》
https://youtu.be/lpb11Q9iMdo

 

社会貢献に対して、少しでも見方や考え方が変わった、自分も何か世の中のために出来るようになりたい。と思ってくれた人が一人でもいたら嬉しいです♩

 

では、またお会いしましょう!

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です