下垂型&三角型バストにオススメの簡単トレーニング

バストコンサルタントの水戸部です。

三角型バストと下垂型バストの特徴として

バスト上部やデコルテ周辺の皮膚の伸びや
脂肪が無くなってしまうことが挙げられます。

そういった時に有効的なのが、大胸筋にアプローチした筋トレ方法

 

もちろん、マッサージやストレッチも重要ですが
バストに内側からふっくら厚みを作るには、やはり筋トレも必要不可欠。

そこで今回は自宅で簡単にできる2種類の「美乳筋トレ法」をご紹介していきたいと思います。

 

美乳筋トレの方法

大胸筋にアプローチした筋トレ方法その1:壁腕立て伏せ
用意するもの:なし

①壁の前に前ならえをして、足は肩幅に開いて立つ。
この時、壁と指先が10センチ程度離れた場所に立てるとgood

②そのまま壁に倒れて、手の間を肩幅程度に開いたら腕立て伏せをする。
(手の間が広がるほど大胸筋にアプローチできるが、腕への圧は減るので二の腕も細くしながら大胸筋を鍛えたい人は肩幅程度がオススメ)

この時のポイントは、体感を使い背筋を伸ばした状態のまま腕立て伏せをすること。
また、かかとが地面から離れないように気をつけましょう!

これを20回×3セット
週2〜3回ほど行いましょう!

 

大胸筋にアプローチした筋トレ方法その2:エルボーフロントレイズ
用意するもの:ペットボトル500mlを2本

①足は腰幅に開いて立ち、両手にペットボトルを握って胸の前で肘を合わせる。

②肘が開かないように押し合いながら、腕を上げられるところまで上げたら元の位置に戻す。

この時も、姿勢良く、猫背になったりしないように、きちんと体幹を使ってトレーニングしていきましょう。

これを30回×3セット
こちらは、週3~4回ほど行いましょう!

 

筋トレ効果2倍にする僧帽筋ストレッチ

前ばかり鍛えているよりも、背中のストレッチやトレーニングを加えたほうがバストケア効果やバストアップ効果は格段と上がります。

一見、関係ないかのように思える背中のケアは美乳に大きく関係しているのです。

どこでもできる僧帽筋ストレッチ
①背中の後ろで手を握る
できる人はなるべく肘を伸ばした状態で行いましょう。
できない人は、できる範囲で大丈夫。

またこの時、手の平同士をくっつけていたほうが効果は上がります。

②そのまま腕を上げられるところまで上げたら、元の位置に戻す

この時も姿勢良く!

これを10〜20回程度
筋トレ後やデスクワーク中などに行うようにしましょう!
座りながらもできます!

以上が、下垂型&三角型バストの方にオススメのトレーニンング方法でした。

やってみると、どれも見た目以上にきついものとなっていますが、コツコツと続けることで効果はきちんと現れてくれます。

特に、腕の太さや脇や背中のハミ肉が気になる人は
マッサージと合わせた筋トレを行うことで、美しい胸元をゲットすることができます。

ハミ肉系の改善方法についても書いた記事があるのでぜひ参考にしてみてください!
(記事はこちら→美乳になりたきゃ背面を鍛えろ

 

では、美乳になって人生をもっと楽しく!

 

 

LCB乳ケアsalon

▼水戸部彩のコンテンツはこちらから▼

<水戸部彩 公式LINE@>
ID:@oppaikantei
URL:https://line.me/R/ti/p/%40oppaikantei(今だけ♪登録すると、『新ブラの正しい付け方』を説明図付きでプレゼント) 

<Podcastもよろしくお願いします>

<著書:乳ケアシリーズ>


<自分のバスト診断とタイプ別ケア方法(説明画像付き)がわかる>
▶︎おっぱい鑑定はこちら
http://bust-change.com/diagnosis/

<水戸部彩の無料メルマガはこちらから>
▶︎読むだけで胸が綺麗になるバストケアメルマガhttps://maroon-ex.jp/fx73067/DNNvfF

<水戸部彩公式サイト:おっぱい鑑定団>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です