乳がんチェック

乳がんは自分で発見できるがん
 
乳がんは自分でも発見できるがん。
本来なら毎日やって欲しいところですが最低でも月2回はチェックするように習慣付けましょう
しこりや異常があっても乳がんとは限りませんので慌てずに乳腺外科を受診しましょう。
 
・乳がんチェック
1、  鏡などを使い、バスト全体を見て
引きつられている部分や、湿疹ただれ、腫れがないかチェック
 
2、 チエックする方の片手をあげ指の腹4本を使い、
下から上に、左右にも、鎖骨の下から、脇の方まで
広くバストをマッサージするような感じでバスト全体を触る。
 
この時、マッサージと違うのは4本指の腹でバストの奥と全体を触るよう意識する。
 
大きなリンパ節のある脇は特に乳がんのできやすい場所。
乳がんの50%近くがバスト外側の上部に発生しています。
指の腹で念入りにチェックしていきましょう。
 
3、最後、乳首が凹んでいないか、つまんで見た時に分泌液が出ていないかをチェックして終了。
 
立った状態でのチェックが分かりにくいと感じる人は、寝た状態で肩の下に枕を入れたりすると
バストが広がり触りやすいのでこの方法もやって見てください。
 
 
実は私も自身でマッサージしている時、気になるシコリを見つけたことがありました。
すぐに病院に行き検査をしたところ今回は問題ありませんでした。
 
私のケースのように、しこりが見つかったからと言って乳がんとは限りません。
焦らず検査を受けて下さいね。
 
自分でも定期的に検査したり、定期健診に通うことで
予防や早期発見に努めましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です