肩こりにも効く美乳ストレッチ〜おっぱいのサスペンダー小胸筋〜

バストアップのために有名なこの手を前で合わせ力を入れるポース。
 
 
 
実はバストにとってとても悪影響なんです。
 
このポーズの意味は大胸筋を鍛えてバストを大きくしましょう。
だったと思います。
しかし、大胸筋を鍛えただけではバストは大きくなりません。
 
何よりこのポーズでは二の腕が太くなるし、
変な方向に筋肉や皮膚が引っ張られ
さらにバストが散らばり小さくなる原因に
 
頑張って鍛えたつもりなのに悪影響とは
そんな悲しいことはありません><
 
ではここで、美乳を作る上でとても大切な大胸筋・小胸筋に効くストレッチの仕方を紹介したいと思います。
 
バストを支えるおっぱい筋肉たちは意外と凝り固まっているんです。
そのコリをストレッチなどでほぐしてあげることで血液やリンパの流れが良くなり
美しいバストへと近づけるだけでなくバストアップや肩こりにも効果があります。
 
 
 1、        壁の前で横を向き、30センチほど距離をあけます。
 
2、        そのまま壁側の手を、頭の高さより少し高い位置で壁につけ体を腕と反対方向に捻ることで小胸筋がストレッチされます。
 
3、        あとは自身で手をつく高さを調整して、自分の気持ちよく伸びるポイントを探し、ひねり、ストレッチを繰り返します。
 
 
 
このストレッチで、おっぱいを引き上げることで続け疲れ切った小胸筋を緩めることができ、血液やリンパの循環も良くなります。
  
 
壁さえあればどこでもできるので、長時間のデスクワークで疲れたときにも
気付いた時にやってみてください♪ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です